logo

フィリップス、半密閉構造を採用したプレミアムヘッドホン

加納恵 (編集部)2013年04月18日 20時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「S1」

 フィリップス エレクトロニクス ジャパンは4月18日、Fidelioブランド初となるインナーイヤータイプのヘッドホン「S1」(店頭想定価格:9800円)と「S2」(同:1万2800円)を発表した。深みのある低音と透明感ある中高域を再現するセミオープンバック(半密閉)構造を採用する。発売は4月下旬。

  • 「S2」

 いずれも13.5mmの「Fidelio クロスドライバー」を搭載。S1はアルミ、S2は銅合金製のハウジングを採用し、音の反響や振動を軽減させ、プレミアムな音質を再現するとしている。

  • 「M1」のホワイトとブラック&オレンジ

 S2のみ「多層構造ダイヤフラム」を搭載し、高音域の再生能力を向上。ひだをつけ理想的なピストン運動をできるようにした振動板の前後をフィルタで挟むことによって、音のチューニングを強化しているという。

 両機種ともに、人間光学に基づいたデザインで、耳への圧迫感を軽減。イヤーピースには耳の動きにフィットする「complyフォーム」を付属している。

 ケーブルの長さはともに1.2mで、表裏の色が異なるツインカラーを採用。S1はブラック&レッドの1色、S2はブラック&ゴールドとホワイト&ゴールドの2色を用意する。どちらも再生や一時停止などの操作ができるインラインリモコンを装備する。

 あわせてオーバーヘッドタイプの「M1」(同:2万4800円)に新色ホワイトとブラック&オレンジを追加した。これによりM1は、従来のブラックに加え、ホワイト、ブラック&オレンジの3色を揃える。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集