グーグル、死後のアカウントデータ処理方法を指定可能に--「Inactive Account Manager」発表

Donna Tam (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年04月12日 07時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間4月11日、「Inactive Account Manager」というツールを米国において発表した。Googleネットワーク上に保存した自分のデータを、自分の死後、または長期にわたってアカウントを使用しなかった場合に、どのように処理したいかをGoogleに伝えるためのツールである。自分のデジタル資産に関する自動化された遺言と考えることができる。

 つまり、「Gmail」のメッセージ、「Google+」のプロフィールデータ、「Blogger」の投稿、「Drive」のファイル、「Picasa」のアルバム、「Google Voice」のデータ、「YouTube」の動画などの処理方法を指示することができる。取り出したいデータを選択し、「信頼できる連絡先」に送信するようGoogleに依頼する。ユーザーのGoogleでのオンライン生活におけるすべてのデータを、残された最愛の人々がどのようにして受け取るのかは明らかではない。

 Googleに自分のデータを削除してもらう時期を選択できる設定もある。3、6、9、または12カ月の不使用期間を選択する。これは、インターネット上に永遠に存在し続けるとユーザーが考えていたすべての写真、動画、メッセージを削除するという、プライバシーとセキュリティの問題を解決するための1つの方法であるとともに、使用されていないアカウントをGoogleが後ろめたさを感じることなく削除するための手段でもある。

提供:Google
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加