デジカメ「PENTAX MX-1」--光学4倍ズームレンズや1/1.7型CMOSセンサ搭載

エースラッシュ2013年04月10日 10時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ペンタックスリコーイメージングは4月9日、明るく大口径な光学4倍ズームレンズ、1/1.7型の裏面照射型CMOSセンサを備えたデジタルカメラ「PENTAX MX-1」を5月3日から発売すると発表した。

 MX-1は、開放F値1.8-2.5の明るさを持つ、35ミリ判換算で約28~112mm相当の大口径光学4倍ズームレンズを搭載。迫力ある近接撮影が可能な「1cmマクロ」モードや、最大で約218mm相当の高倍率ズーム撮影ができる「インテリジェントズーム」機能も備えている。

 撮像素子には、有効画素数が約1200万画素の1/1.7型裏面照射型CMOSセンサを採用。グリップラバーにシボ加工を施したクラシックデザインのボディには、センサシフト方式の「SR(Shake Reduction)」と電子式の両方を用いた「デュアル手ぶれ補正」、3.0型のチルト式液晶モニタを搭載する。専用の露出補正ダイヤルなど一眼ライクな操作性や、ボディ内RAW現像といった玄人好みの機能も特徴となっている。

 本体サイズは高さ約60.0mm×幅約122.5mm×奥行き約51.5mmで、電池やSDメモリカードを含む撮影時の重量は約391g。予想実売価格は5万円程度になる見込みだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加