ミクシィとInnoBeta、開発中アプリの検証サービスを開始

藤井涼 (編集部)2013年04月09日 17時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミクシィとInnoBetaは4月9日、業務提携したことを発表した。開発中のAndroidアプリのユーザビリティ検証ができる新サービス「DeployGate Scope」を4月下旬に提供する。価格は1モニター3000円からで、1テストにつき5モニターから申し込める。

 ミクシィは、2012年9月からAndroidアプリ開発者向けのテストアプリ配信サービス「DeployGate」を提供しており、現在までに世界93カ国4000を超えるアプリ開発に利用されている。またInnoBetaは2012年10月からアプリのユーザビリティー検証サービス「UIscope」を提供しており、40社、200を超えるサービスで利用されているという。

 両社が新たに提供するDeployGate Scopeは、公開済みのアプリに加えて、開発中のベータ版アプリや、正式提供前のアップデートのユーザビリティ検証ができるサービス。利用するにはDeployGateへの登録が必要で、DeployGateの管理画面から検証を申し込める。またオプションで、テストの作成代行サポートや、各種レポート作成サービスも提供するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加