logo

トレンドマイクロ、パスワード管理ツールを店頭でも販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロは4月8日、パスワード管理ツール「パスワードマネージャー」の“POSA(Point of Sales Activation)”版を全国の主要家電量販店で4月11日から販売開始すると発表した。今後1年間で累計10万ユーザー(無料版ユーザーを除く)の獲得を目指す。


 パスワードマネージャーは、複数のウェブサイトのIDとパスワードを簡単、安全に管理できるパスワード管理ツール。マスターパスワードの入力のみで、個々のウェブサイトでIDとパスワードを入力することなくログインできる。個々のサイトのパスワードは暗号化された状態でクラウド上に保管されており、Windows PCやスマートフォン、タブレット端末など異なる端末から利用できるという。

 トレンドマイクロでは、同製品を2012年8月から同社のオンラインショップで月額150円で販売してきたが、店頭でも購入できるようにしてほしいというユーザーの要望に応え、POSA技術を用い、家電量販店での販売を開始する。

 POSA版では、店頭のレジ端末で製品を購入した時点でカードに記載されたコードが有効化される。ユーザーは、ウェブ上でコードを入力し、製品のライセンスキーを取得した後、該当のソフトウェアをネット上からダウンロードし、取得したライセンスキーを入力することでソフトウェアを利用できる。

 価格はオープン価格で、想定販売価格は1年版が1780円、2年版が3180円、3年版が4180円となっている。今後は家電量販店に加え、スーパーマーケット、コンビニ、携帯ショップなどでも販売を開始するとしている。

-PR-企画特集