logo

パナソニック、「フル・ブラックパネルIV」搭載の新プラズマテレビ--赤色表現力大幅アップ

加納恵 (編集部)2013年04月02日 16時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは4月2日、薄型テレビ「ビエラ」にプラズマテレビ「VT60/GT60」シリーズを追加した。「フル・ブラックパネルIV」により、自発光パネルならでは色再現力と動画解像度を実現する。発売は4月下旬。

 フル・ブラックパネルIVは、黒表現に加えピーク輝度を高めることで、ネイティブコントラストで、550万対1を実現。新材料赤色蛍光体の採用により、色域を広げ赤色の表現力を大幅に向上させている。また、なめらかな階調を表現するためサブフィールドの駆動数も増加させたとのことだ。

 両シリーズともに、ホーム画面は4つのイメージから選べる「マイホーム」を装備。画面を分割して裏番組なども表示する「テレビのホーム」、天気予報やメモなどを設定できる「くらしのホーム」、インターネットサイトを一覧表示する「ネットのホーム」、テレビ番組が全画面表示される通常の「テレビフルスクリーン」が用意されており、ライフスタイルにあわせて選択することが可能。カスタマイズにも対応する。

  • VT60シリーズ

 上位機となるVT60シリーズは、65V型「TH-P65VT60」(店頭想定価格:60万円前後)と55V型「TH-P55VT60」(同:42万円前後)の2サイズを用意。約3万パターンの映像データベースを元にコンテンツを高画質化する「ファインリマスターエンジン」を備え、放送や録画コンテンツ、ネット動画に至るまで高画質処理をすることが可能だ。中でも劣化の激しいネット動画には、「特徴の似た絵柄」同士で補い合うことで元の輪郭を推定する独自のアルゴリズムを搭載。コンテンツ内容に合わせた補正を実行できる。

 通常リモコンのほか、マイク内蔵リモコンを同梱し、テレビを音声操作にも対応する。ネット検索や番組検索もキーワードを話しかけるだけで操作できるとしている。

 リビングで見ている放送番組やUSB HDDに録画した番組をスマートフォンに引き継いで視聴できる転送機能も装備している。

  • GT60シリーズ

 GT60シリーズは、55V型「TH-P55GT60」(同:32万円前後)と50V型「TH-P50GT60」(同:27万円前後)との2機種をラインアップ。電子タッチペンを同梱し、ディスプレイに直接文字や絵を書くことができる。書いた絵はスマートフォンに保存したり、友人にシェアすることが可能。同時に2本までのタッチペンを使用できる。

 「お部屋ジャンプリンク」機能を備え、録画した番組や放送中の番組を別室のビエラなどにワイヤレス転送することも可能だ。

 すべての機種で、スマートフォンで撮影・保存した動画や写真、音楽やウェブサイトを、本機に転送して視聴できるほか、本機に保存したデータをスマートフォンへ転送できる「スワイプ&シェア」機能を装備。地上、BS、110度CSデジタルチューナは、VT60シリーズには3つ、GT60シリーズには2つ内蔵する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集