中国のアニメ製作会社、アップルを提訴--「iTunes Store」での映画販売をめぐり

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一 (ガリレオ)2013年03月30日 12時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国のアニメーション映画製作会社が、作品を許可なく「iTunes Store」で販売されたと主張してAppleを提訴した。

 The Hollywood ReporterがSouth China Morning Postの記事を引用して伝えたところによると、中国政府の支援を受けている上海美術映画製作所が50万ドル以上の損害賠償を求めてAppleを提訴したという。同製作所は、Appleが「Calabash Brothers」や「Black Cat Detective」など110作品以上の映画を無断でiTunes Storeで販売したと主張している。

 Appleは中国で多くの問題に直面している。同社は2012年、中国での「iPad」の商標をめぐるProviewとの訴訟で、和解金として6000万ドルを支払う羽目になった。「Snow Leopard」の商標や「Siri」の使用に対してAppleを提訴した中国企業もある。

 The Hollywood Reporterによると、今回の件について上海美術映画製作所は多くを語らず、「補償してもらえれば済む訴訟にすぎない」とだけ述べているという。

 米CNETはAppleにコメントを求めているが、現時点で回答は得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加