logo

アプリのapkファイルを世代バックアップできる「アプリ自動バックアップ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:アプリ自動バックアップ(Ver.1.0.9)
金額:無料(2013年3月16日時点)
カテゴリ:ツール
開発:telemarks.co.jp
使用端末:Xperia arc SO-01C
おすすめ度:★★★★★

 「アプリ自動バックアップ」は、Androidにインストールするアプリを手動もしくは自動でバックアップしておけるアプリだ。世代バックアップにも対応するので、万一の場合にもapkファイルからアプリをすばやく復元することができる。

  • ホーム画面。インストール済みアプリの一覧が表示されるので、右端にチェックを入れて下段の「手動バックアップ」をタップする

 アプリを起動すると、インストールされているアプリの一覧が表示される。その中から必要なものにチェックを入れて「手動バックアップ」をタップすると、アプリのapkファイルがバックアップされる。バックアップが行われたアプリはリストに印がつくほか、バックアップのタブにリストで表示されるので一目瞭然だ。

 また、本アプリを導入したあとにインストールされたアプリは、自動的にバックアップされるようになる。保存先は本体メモリ(mnt/sdcard/backupApk/)もしくはメモリカード(mnt/ext_card/backupApk/)から選べるので、後者にしておけば、本体を機種変更した場合でもメモリカードを移し替えることで、新しい端末での再インストールが容易になる。自動バックアップする世代の数は、1~10世代および無制限という条件で自在に変更できるので、容量を圧迫することもない。

 このほかアプリのアンインストールにも対応するほか、アンインストールしたアプリの一覧からGoogle Playにジャンプしてすばやく再インストールが行えたりと、アプリを頻繁に追加・削除するにあたって便利な機能が数多く搭載されている。個人的には、バックアップ先として任意のフォルダを選べるようになれば、Dropboxなどにもバックアップができてさらに便利になるのではないかと思う。

  • バックアップ完了。チェックボックスの左側にオレンジの「・」が表示されていればバックアップが完了している証

  • バックアップ一覧を表示したところ。さきほどバックアップしたアプリが表示されている。ちなみにアプリ名の後ろの(1)は世代を表す

  • 複数世代のapkファイルをバックアップできる。上限を設定しておけば容量を圧迫することもない

  • 本アプリ導入後にインストールされたアプリは自動バックアップが可能。保存先は本体メモリもしくはメモリカードから選べる。なお途中で保存先を変更した場合は自動的に移し替えてくれないようなので、利用開始時にどちらかに決めておいたほうがよい

  • アンインストールしたアプリを自動記録する機能も備える

  • アンインストールしたアプリをタップしてGoogle Playの該当ページへとジャンプし、再インストールを行うことも可能。アンインストールしたがやはり必要だったという場合、いちいち探し直さなくて済むのでありがたい

>>「アプリ自動バックアップ」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

-PR-企画特集