logo

[ウェブサービスレビュー]オンラインでPDFのページの向きを回転できる「RotatePDF.net」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RotatePDF.net
内容:「RotatePDF.net」は、アップロードしたPDFの全ページを、90度単位で回転してくれるサービスだ。スキャン時に90度回転した状態のまま保存してしまったPDFを、編集ソフトを使うことなく正しい向きに修正することができる。

 「RotatePDF.net」は、アップロードしたPDFの全ページを、90度単位で回転してくれるサービスだ。スキャン時に90度回転した状態のまま保存してしまったPDFを、編集ソフトを使うことなく正しい向きに修正することができる。

 使い方は、PDFファイルをアップロードし、回転の方向(右90度、180度、左90度)を選んで実行。あとはダウンロードするだけだ。単機能サービスということでメニューはこれだけ。メニューは英語だが、迷うことはまずないだろう。

  • 例えばこのように本来の向きから90度回転した状態のスキャンデータがあり、手元に編集ソフトがない場合、本サービスを使えば回転した状態で再保存できる

  • 「RotatePDF.net」トップページ。ファイルをアップロードして向きを選ぶだけのシンプルなインターフェイス

 アップロード後にオンラインでプレビューを表示するといった機能はないので、どの方向に回転させるかは、ローカルで確認しておく必要がある。また全ページが同一方向に回転させられるので、例えば偶数ページを左90度、奇数ページを右90度といった具合に回転させることはできない。これはサービスの性質上、致し方ないだろう。

 若干サービスのコンセプトと矛盾しているのが、最大10Mバイトという容量制限だ。というのも、PDFを回転させたいケースはそのほとんどがスキャンデータだと考えられ、10ページ程度であっさりこの制限を超えてしまうことも考えられるからだ。必要に応じ、前回紹介した「SplitPDF」などのサービスを活用して元ファイルを分割し、そのうえで本サービスを使って回転させるとよいだろう。

  • 向きは右90度、180度、左90度のいずれかから選択する。わかりやすいアイコンで示されているので、英語といえど迷うことはないだろう。指定が終わったら「Rotate PDF」をクリックする

  • 回転終了。上の「View」をクリックするとブラウザ上でプレビューが表示できる。ダウンロードするにはその隣の「Download」をクリックする

  • ダウンロードしたファイル。指定した方向に回転できている。ちなみにダウンロードしたファイルの名前は「元の名前_rotated.pdf」となる

-PR-企画特集