グリー、トレーディングカードゲーム事業に参入--6月から「ジーククローネ」を展開

佐藤和也 (編集部)2013年03月19日 12時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリーの子会社であるグリーエンターテインメントプロダクツは3月19日、トレーディングカードゲーム事業に参入することを発表。6月より「ジーククローネ」の販売を開始する。

 この「ジーククローネ」は、複数の作品が同一のゲームルール上で競い合うことができるゲームシステムを採用。「ジーククローネ」シリーズとしての第1弾タイトルは、GREEで展開しているソーシャルゲーム「聖戦ケルベロス」。ソーシャルゲームで登場するカードイラストに加え、新たに有名イラストレーターによる描き下ろしイラストを追加する。

 構築済みのスターターデッキ「聖戦ケルベロス 紅蓮の戦乙女」、「聖戦ケルベロス 翠明の天使」はともに6月27日発売予定で価格は各1300円。ブースターパック「聖戦ケルベロス 創世の神判」は7月25日発売予定で価格は315円。

 4月下旬には無料体験版の配布も予定し、イベント出展や大会の開催などの展開も行っていく。また今後もゲームやアニメなどの人気作品による継続的な発売を予定している。

  • スターター「紅蓮の戦乙女」キービジュアル(イラストレーター:吉村健一郎)

  • スターター「翠明の天使」キービジュアル(イラストレーター:藤真 拓哉)

  • ブースター「創世の神判」キービジュアル(イラストレーター:ワダアルコ)

  • カードデザイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加