グーグル、広告ブロックアプリを「Google Play」から削除

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年03月14日 14時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Google Play」では、米国時間3月13日から広告ブロックアプリを入手できなくなるだろう。Googleは、広告を妨げるアプリを同社アプリストアから削除する取り組みを開始したという。

 Phandroidによると、「AdBlock」「AdAway」「AdFree」などのアプリ開発者は13日、当該アプリを削除したことを伝える通知をGoogleから受け取ったという。これらのアプリは、Google Playの「デベロッパー販売/配布契約書」に違反していたようだ。

 この契約書には、開発者は「マーケットに関して、サードパーティーのデバイス、サーバ、ネットワーク、または、その他の財産もしくはサービスへの妨害、中断、損傷、または、許可されていない態様でのアクセスとなる行為(製品の開発や配布を含む)に関与しないこと」に同意する必要があると書かれている。

 要するにGoogleは、その収益の柱である広告に干渉するなと言っているようだ。

 「Ad Blocker Root」アプリの開発者であるJared Rummler氏は、同氏のアプリがGoogle Playから13日に削除されたとTwitterで述べ、Googleから受け取った通知をPastebinサイトに投稿した。

 Googleは同通知で、「すべての違反は追跡している。性質のいかんにかかわらず深刻な違反や度重なる違反は、開発者アカウントの停止、および、関連するGoogleアカウントの調査や停止の可能性につながる」と述べている。

 これらのアプリがGoogle Playから消えても、開発者は別の場所でアプリを配布または販売できる。また、該当するアプリをすでにモバイルデバイスにインストールしてあるユーザーは、今後も問題なく使い続けることができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加