グーグル、「喋る」スニーカーを披露

Chris Matyszczyk (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年03月11日 10時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間3月9日、South by Southwest(SXSW)カンファレンスで、「喋る」スニーカーを披露して注目を集めた。Engadgetが報じた。

 このAdidasのスニーカーはマイクロコントローラのほか、加速度計やジャイロスコープなど数々のテクノロジを搭載している。スニーカーはあらゆる動きを監視し、マイクを通してそれらの動きを言葉で表現する。

 さらに、Googleの広報担当の説明によると、スニーカーはデータを使って「個性」を身につけるという。ユーザーが走り出せば、スニーカーはアスリートの個性を持ち、ユーザーを励ます。一方、怠惰な個性を持っている場合は、ユーザーが運動すると慌てるという。

 Googleによると、このスニーカーは「広範なマーケティングプログラムの一環で行われた実験」であり、発売の予定はないという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加