logo

楽天とエコ配が資本業務提携--東京圏での配送サービスで協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天は3月8日、エコ配と資本業務提携し、東京都内の楽天の配送サービスにおいて一部協業を開始したと発表した。楽天はエコ配の株式を取得して15%を保有。楽天物流の代表取締役社長である恵谷洋氏が、エコ配の社外取締役として着任する。

 楽天では、インターネットショッピングモール「楽天市場」の出店店舗向けの物流や在庫管理、出荷等のロジスティクス分野における支援を強化するため、2010年に物流子会社である楽天物流を設立。2012年7月からは、食品宅配サービス「楽天マート」の配送ネットワークについても、楽天グループが主体となり、複数の配送会社とともに、独自の配送体制を展開している。

 一方、エコ配は、リヤカー付き自転車、電気自動車を用いた配送方法を採用するなど、エコロジーかつエコノミーな宅配便サービスを提供。東京、名古屋、大阪において30を超える配送拠点のネットワーク体制で運営し、主要都市間での翌日配送を可能としている。

 出資にともない、楽天マートの東京における配送体制強化に向けた協業を開始する。エコ配が強みを持つ事業者向け集配サービスも協力して取り組むという。また、エコ配が事業を展開する、東京以外の大都市圏における連携も検討。今後もさまざまな物流会社と連携し、全国規模での物流ネットワークを整備するとしている。


楽天マートの配送車。今後はこれにエコ配のリヤカー付き自転車などが加わることになる

-PR-企画特集