マイクロソフト、クラウドモニタリングの新興企業MetricsHubを買収

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年03月05日 13時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間3月4日、MetricsHubを買収したと発表した。MetricsHubはクラウドモニタリングを手がける新興企業であり、クラウド性能管理の自動化に取り組んでいる。

 ワシントン州ベルビューに本拠地を置くMetricsHubは、Microsoftが主催した3カ月間の「Microsoft Accelerator」プログラムへの参加企業だ。同社は、顧客がアプリケーションデータポイントを解析し、アプリを拡張する時期や方法を決定できるよう支援している。買収の財務面での詳細は明らかにされなかった。

 Microsoftのプログラムは、クラウドでの開発を手がける10社の新興企業に、2万ドルの資金やオフィススペース、技術的なトレーニングとサポート、起業家からの指導を提供するものだ。参加企業はプログラムの成果として、Microsoftの幹部や投資家、メディアに対して自社の製品を売り込む機会を得られる。


MetricsHubのダッシュボード
提供:MetricsHub

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加