アップル、「Safari」で旧バージョンの「Flash」をブロック

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年03月04日 10時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobeの「Flash」テクノロジのパッチが先頃公開されたことを受けて、Appleは同社の「Safari」ウェブブラウザのセキュリティを強化した。

 米国時間2月28日に公開されたアップデートの一環として、「OS X」は脆弱性のある旧バージョンのFlashをブロックするようになった。これにより、Flashベースのコンテンツを閲覧したいユーザーは、最新バージョンへのアップデートを余儀なくされる。Appleは同社の「XProtect」マルウェアスキャナを利用している。XProtectはMac OS Xに組み込まれており、既知のマルウェアの検出および隔離を行うことができる。

 今回の動きの約1カ月前、Appleはセキュリティへの懸念から、Oracleが所有する「Java」の旧バージョンをOS Xでブロックし始めた。この問題は、もう少し複雑であることが分かった。Appleは2週間前、同社もJavaの脆弱性を悪用する組織的なハッキング攻撃の標的になったが、同社の顧客は攻撃の標的にはならなかった、と述べた。

提供:Apple
提供:Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加