logo

シャープ、1ch×8日間の自動録画機能を備えた新「AQUOSブルーレイ」

加納恵 (編集部)2013年03月01日 17時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは3月1日、BDレコーダー「AQUOSブルーレイ」に、「BD-T2300/T1300」を追加した。1つのチャンネルを最大8日分自動録画できる「1チャンネル自動録画」機能を備える。発売は3月13日。店頭想定価格はHDD容量が2TバイトのT2300が15万円前後、1TバイトのT1300が11万円前後になる。

  • 「ビジュアルホームメニュー」

 録画予約や再生、ダビング、消去といった各種操作は、イラストと大きな文字で表示される「ビジュアルホームメニュー」を新たに採用。操作項目のガイダンスも同じ画面内に表示されるため、簡単に操作ができるとしている。

  • 「BD-T2300」(上)、「BD-T1300」(下)

 両機種ともに地上、BS、110度CSデジタルチューナを3基内蔵し、3番組を同時に録画することが可能。そのうちひとつを「1チャンネル自動録画」にあてれば、好きなチャンネルを1日最大18時間まで、最大8日間の自動録画ができる。

 自動録画したコンテンツは専用の録画リストに集約され、編集やダビング操作にも対応。内蔵HDDのほか、外付けのUSB HDD、着脱式のSHDD(スロットインハードディスク)にも録画ができ、録画容量を簡単に拡張できる。SHDDは3番組同時録画に対応するほか、内蔵HDDからの高速ダビングも可能だ。

 外出先からスマートフォンで番組検索や録画予約ができる専用アプリ「AQUOSリモート予約」も用意。録画済み番組は、録画リスト表示画面や録画番組再生中にリモコンの「(ポップアップ)メニュー」ボタンを押すことで、番組シーンを子画面で一覧表示できる「見どころポップアプサーチ」を備える。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集