アップル、「iTunes in the Cloud」機能を新たに欧州11カ国で提供開始

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年02月28日 12時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 欧州の11カ国で、購入済み動画コンテンツの再ダウンロードを可能にする「iTunes」の目玉機能が使えるようになった。

 フランスやスウェーデン、ベルギーを含む11カ国のiTunesユーザーは、Appleから購入してある映画の再生や再ダウンロードが可能になった。これらの国ではこれまで、映画を保存したデバイスの破損や盗難などの事態に備えて、購入済みのファイルをバックアップしておく必要があった。


Appleの共同設立者である故Steve Jobs氏は、2011年のWorldwide Developers ConferenceでiTunes in the Cloudを発表した。
提供:Donald Bell/CNET

 The Next Webが報じた最新の情報によると、対象となるのはベルギー、キプロス、デンマーク、フィンランド、フランス、ギリシャ、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ノルウェー、スウェーデンの各国だ。報道によれば、この機能の提供開始によってフランスだけは、購入済みのテレビ番組についても再ダウンロードが可能になる。

 映画やテレビ番組などの動画コンテンツだけでなく、この機能はAppleのさまざまなデジタルストアから購入したすべての楽曲、ミュージックビデオ、アプリ、書籍にも適用される。Appleはこの機能を使える国のリストを公開しているが、楽曲、テレビ番組、映画については多くの国でこの機能が使えないままだ。これらは、Appleと制作会社との契約に縛られている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加