logo

グーグル共同創設者ブリン氏、スマートフォンの使用感を批判

Casey Newton (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年02月28日 16時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯電話は、Googleの売り上げにおいて最も急成長している分野だと思われるが、同社共同創設者Sergey Brin氏にとって、その使用感は依然煩わしいもののようだ。

 Brin氏は米国時間2月27日、スマートフォンには「なよなよした」イメージがあるとカリフォルニア州ロングビーチで開催のTEDカンファレンスで聴衆に向かって語った。「ぼんやり立って、のっぺりとしたガラス片をさすっているだけ」(Brin氏)

 「Google Glass」を使うにもさする必要はあるが、同デバイスの試作品ではほとんどの携帯電話よりもハードウェア的な機能は少ない。しかし、Brin氏は、スマートフォンに対して特定部分について改良しており、特にカメラに関してはいつでも撮影可能な状態にしたと述べた。

 Brin氏によると、理想的な検索技術とは、ユーザーが質問する前に情報を提示するもので、同氏は、この問題に15年間取り組んでいるという。

 「これは、このビジョンを届けることができる最初のフォームファクタになる」(Brin氏)

 Brin氏によると、Googleは過去2年間、Glassをより快適で魅力的にすることで大きな進歩を遂げたという。当初のバージョンは、「携帯電話を頭に縛り付けたようだった」と同氏は述べた。

TED 2013で話をするSergey Brin氏
TED 2013で話をするSergey Brin氏
提供:Screenshot by Dan Farber/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

-PR-企画特集