logo

ドコモら3社、日中韓での国際ローミング接続で協業

松田真理 (マイカ)2013年02月25日 18時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモ、中国のChina Mobile International、韓国のKTの3社は2月25日、日中韓3カ国間での国際ローミング接続の協業推進について合意したことを発表した。

 今回の合意に基づいて、これまで複数必要だった事業者間協定や接続を一本化し、ハブ事業者を介して、日中韓3カ国間への国際ローミング接続を他国の通信事業者に提供する。また、China Mobile Internationalがハブ事業者として参画し、2013年度第1四半期内のサービス提供開始を目指すとしている。

 SIM認証技術によって、Wi-Fi接続時に求められるIDとパスワードの入力が不要になる接続方式も採用する。2013年度第1四半期をめどに、Wi-Fiローミング接続を利用するユーザーに向けてサービスを提供する予定だ。

 なお、3社は日中韓3カ国間でのNFCサービスの国際ローミングに関する共通仕様を策定したことを発表している。

-PR-企画特集