「Firefox 22」、サードパーティークッキーをデフォルトでブロックへ

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年02月25日 11時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Firefoxは近々、サードパーティーの広告クッキーをデフォルトでブロックし、広告ネットワークがユーザーのブラウザ活動を追跡するのを防止する施策を実施する予定だ。

 広告業者は、より精度の高いターゲット広告を配信するため、クッキーを使ってユーザーのウェブ活動を追跡する。新しいパッチは、ユーザーが頻繁に訪れるサイトからのクッキーは許可するが、ユーザーが訪れたことのないサードパーティーサイトからのクッキーはブロックする。

 Firefoxユーザーには、クッキーを手動で無効にする機能が古くから提供されていたが、このパッチを適用すると、同ブラウザがその作業を自動的に行うようになる。スタンフォード大学の研究者であるJonathan Mayer氏が提供したこのパッチは米国時間4月5日、「Firefox 22」でリリースされる予定だ。

 この動きは決して革命的なものではない。Googleの「Chrome」とMicrosoftの「Internet Explorer」はサードパーティーのクッキーを許可しているのに対し、Appleの「Safari」は許可していない。

 Mayer氏は2月22日のブログ投稿の中で、「簡潔に言うと、新しいFirefoxのポリシーは、Safariのポリシーを若干緩やかにしたバージョンだ」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加