logo

シャープ、長時間モードで録ってもキレイな「AQUOSブルーレイ」

加納恵 (編集部)2013年02月15日 18時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは、「高画質マスターエンジンBD」を搭載した、BDレコーダー「AQUOSブルーレイ BD-W515」を発表した。長時間モードで録画した番組も高画質で再生できる。2月20日から発売する。店頭想定価格は6万5000円前後。

 高画質マスターエンジンBDは、長時間モードで録画したコンテンツの再生時に発生するブロックノイズや文字などのエッジノイズを低減させることで、画質の劣化を抑え高画質再生を実現させるというもの。長時間モード録画以外で録画した番組についても同様に高画質化できる。

 スマートフォンに専用アプリをインストールすることで、外出先から番組検索や録画予約ができる「スマートフォンリモート予約」ができるほか、音声を使ってレコーダーを操作できる「スマートフォン ボイスリモコン」に対応するなど、スマートフォン連携機能も強化。録画済み番組をHD画質のままスマートフォンへダビングできる「Wi-Fiダビング」も可能だ。

 録画済み番組のシーンを子画面で一覧表示できる「見どころポップアップサーチ」も備え、効率的な番組視聴をサポート。見たい番組をキーワード、ジャンルなどの組み合わせから探せる「見つかる番組検索」機能も備える。

 内蔵HDDは500Gバイトで、USB HDD接続にも対応。地上、BS、110度CSチューナは2基搭載し、2番組同時での長時間録画もできる。


「AQUOSブルーレイ BD-W515」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集