サイバーエージェント、スマホ向けオークション事業を新子会社に譲渡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントは、同社のスマートフォン向けオークションサービス「パシャオク」を新たに設立した「株式会社パシャオク」に譲渡した。新会社は2月8日に設立されている。

 パシャオクは、スマートフォンの操作性や機能を生かしたオークションサービス。AmebaやFacebook、TwitterのIDで利用でき、Amebaの有名人、芸能人ブロガーなどが出品するプレミア商品、パシャオクでしか落札できない体験型商品などを出品している。2012年8月から提供されている。

 新会社の資本金は2億5000万円、サイバーエージェントが100%出資している。代表取締役社長に石田裕子氏が就任している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加