logo

変わりゆく戦争の姿--米空軍の無人航空機 - 20/20

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年02月23日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米空軍によれば、無人機のメリットは、ミサイルが標的に命中した後に、空爆の状況を監視し続けられることだとしている。

 David Deptula米空軍退役中将によれば、第2次世界大戦中は、地上からの情報収集の結果をまとめて、攻撃すべき標的を決めるのに数カ月の作業を必要とし、それから1つの標的を破壊するために、数百機の航空機で数千個の爆弾を落とさなければならなかったという。現在では、そうした能力は一体化されている。無人機を使えば、そのサイクルを数カ月ではなく、数分で遂行させることができる。

 米国政府は、無人機使用の規則について公式の方針を策定しようという取り組みを続けているが、テクノロジは進歩を続けており、人間なしで戦争を行うための作戦能力は日々向上している。

 米空軍によれば、無人機のメリットは、ミサイルが標的に命中した後に、空爆の状況を監視し続けられることだとしている。

 David Deptula米空軍退役中将によれば、第2次世界大戦中は、地上からの情報収集の結果をまとめて、攻撃すべき標的を決めるのに数カ月の作業を必要とし、それから1つの標的を破壊するために、数百機の航空機で数千個の爆弾を落とさなければならなかったという。現在では、そうした能力は一体化されている。無人機を使えば、そのサイクルを数カ月ではなく、数分で遂行させることができる。

 米国政府は、無人機使用の規則について公式の方針を策定しようという取り組みを続けているが、テクノロジは進歩を続けており、人間なしで戦争を行うための作戦能力は日々向上している。

提供: Screenshot/PBS/NOVA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]