logo

変わりゆく戦争の姿--米空軍の無人航空機 - 10/20

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年02月23日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「RQ-4 Global Hawk」は、高高度での長時間飛行が可能な、情報収集、監視、偵察を行うデータシステムで、翼長は130.9フィート(約39.9m)ある。カリフォルニア州ビール空軍基地所属の第12偵察飛行隊が運用するRQ-4 Global Hawkは、世界中からの情報収集をリアルタイムで行う、世界規模の偵察飛行機だ。Xバンド撮像装置は、半径62マイル(約100km)の範囲内の移動標的を検知できる広い視野を備えるとともに、より詳細な「スポット」モードでは、3.8平方マイル(約9.8平方km)の範囲内を、6フィート(約1.8m)の解像度で撮影可能だ。

 「RQ-4 Global Hawk」は、高高度での長時間飛行が可能な、情報収集、監視、偵察を行うデータシステムで、翼長は130.9フィート(約39.9m)ある。カリフォルニア州ビール空軍基地所属の第12偵察飛行隊が運用するRQ-4 Global Hawkは、世界中からの情報収集をリアルタイムで行う、世界規模の偵察飛行機だ。Xバンド撮像装置は、半径62マイル(約100km)の範囲内の移動標的を検知できる広い視野を備えるとともに、より詳細な「スポット」モードでは、3.8平方マイル(約9.8平方km)の範囲内を、6フィート(約1.8m)の解像度で撮影可能だ。

提供: U.S. Air Force

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]