logo

変わりゆく戦争の姿--米空軍の無人航空機 - 2/20

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年02月23日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 現在の無人機に搭載されているカメラは、5マイルから6マイル(約8kmから9.7km)先の人間を検出することが簡単にできるため、この航空機が高度2万5000フィート(約7600m)で検知されずに飛行することを可能にしている。

 無人機は戦争を容易にしつつあるかもしれないが、無人機による戦闘への道は順調ではなかった。米国時間2月7日、ホワイトハウスの対テロ顧問のJohn Brennan氏は、米中央情報局(CIA)長官の指名承認公聴会で、CIAが戦闘地域以外で殺傷力の高い武器をひそかに使用していたことや、米国人を無人機攻撃で殺害したことについて、上院情報問題特別調査委員会から質問された。

 米政府は、アルカイダの首脳部の最大70%を無人機の使用によって殺害したと主張している。しかし批評家は、巻き添え被害があまりにも多いとしている。タリバンは、無人機攻撃による死者の30%は一般市民だと主張している。

 米国の部隊を戦争で危険にさらさないようにすることによって、米国は世界中で戦争を拡大させてきたのではないだろうか。形の上では、米国が関与している戦争はアフガニスタン戦争しかない。しかし、無人機攻撃によって、ボタンを押すだけで数千人が殺害されてきた。多くの場合、そこに説明責任や透明性はなく、制約もほとんどなかった。米国は、イエメン、パキスタン、ソマリア、イラクで無人機によるミサイル攻撃を行っている。また米軍は間もなく、アフリカ北西部に無人機攻撃用の新しい基地を開設することになっている。

 現在の無人機に搭載されているカメラは、5マイルから6マイル(約8kmから9.7km)先の人間を検出することが簡単にできるため、この航空機が高度2万5000フィート(約7600m)で検知されずに飛行することを可能にしている。

 無人機は戦争を容易にしつつあるかもしれないが、無人機による戦闘への道は順調ではなかった。米国時間2月7日、ホワイトハウスの対テロ顧問のJohn Brennan氏は、米中央情報局(CIA)長官の指名承認公聴会で、CIAが戦闘地域以外で殺傷力の高い武器をひそかに使用していたことや、米国人を無人機攻撃で殺害したことについて、上院情報問題特別調査委員会から質問された。

 米政府は、アルカイダの首脳部の最大70%を無人機の使用によって殺害したと主張している。しかし批評家は、巻き添え被害があまりにも多いとしている。タリバンは、無人機攻撃による死者の30%は一般市民だと主張している。

 米国の部隊を戦争で危険にさらさないようにすることによって、米国は世界中で戦争を拡大させてきたのではないだろうか。形の上では、米国が関与している戦争はアフガニスタン戦争しかない。しかし、無人機攻撃によって、ボタンを押すだけで数千人が殺害されてきた。多くの場合、そこに説明責任や透明性はなく、制約もほとんどなかった。米国は、イエメン、パキスタン、ソマリア、イラクで無人機によるミサイル攻撃を行っている。また米軍は間もなく、アフリカ北西部に無人機攻撃用の新しい基地を開設することになっている。

提供: Screenshot/PBS/NOVA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]