東芝、横幅280mmのコンパクトBDプレーヤー

加納恵 (編集部)2013年02月06日 13時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は2月6日、横幅280mmのコンパクトBDプレーヤー「DBP-S300」を発表した。インターネットに接続すればYouTubeやHuluなどの動画サービスも視聴できる。発売は2月8日。店頭想定価格は1万5000円前後。

 BD、DVDビデオをはじめ、VRフォーマット、AVCREC形式、AVCHD形式で記録したDVDソフトの再生を実現。前面にはUSB端子を備え、USBメモリ内に記録したJPEGファイルやAVCHD方式の映像などの再生に対応する。

 LAN端子を搭載し、インターネット接続すればYouTube、Huluといったネット動画サービスの視聴が可能。BDソフトの特典映像などがダウンロードできるBD-LIVEも利用できる。

 「1080/24pダイレクト出力」を備え、映画などのフィルム素材を本来の質感で再現。液晶テレビ「レグザ」とHDMI接続すれば、グラデーションなどをなめらかに再現する「ディープカラー出力」も装備している。

 本体にはリモコンの電源ボタンからすぐに起動する「高速起動モード」を用意。高さ39mm×幅280mm×奥行き198mmのコンパクトボディで置き場所を選ばないとしている。


「DBP-S300」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加