エイサー、「eMachines」ブランド製品の開発を終了

坂本純子 (編集部)2013年02月04日 16時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本エイサーは2月4日、eMachinesブランド製品の開発を終了すると発表した。今後はAcerブランドに統合する。終了する理由について、「経営資源を集中し成長戦略をさらに加速するため、新規製品開発の終了を決定した」としている。

 なお販売中・販売済みのeMachines製品のサポート業務については継続し、今後も実施するという。eMachinesブランドのウェブサイトは12月31日まで、販売中の製品およびサポート情報の掲載を継続する。2014年以降の掲載については、決定次第公表するとしている。

 eMachinesブランドは、2002年に日本で展開を開始。低価格帯を中心としたPCを販売してきた。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加