logo

ソニー、時刻補正機能がついて録り逃がさないラジオレコーダー

加納恵 (編集部)2013年01月28日 13時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月28日、内蔵メモリやSDカードにラジオ番組を録音できる、ポータブルラジオレコーダー「ICZ-R51」を発表した。自動時刻補正を備えたほか、転倒しにくいようリアパネルのデザインを変更するなど、ユーザーの要望に合わせ改善された。発売は2月21日。店頭想定価格は1万9000円前後になる。

 ラジオレコーダーは、2011年に「ICZ-R50」を発売。ラジオ番組録音に特化したシンプルな構成が受け、人気モデルになった。新製品では、従来4Gバイトだった内蔵メモリを8Gバイトへ増量。前モデル同様SDカードスロットも設け、どちらのメディアにもラジオ番組録音が可能だ。

 AM/FMチューナのほか、PCやスマホを接続しての外部入力録音にも対応しており、外部機器からのradiko録音もサポート。録音したファイルは「カレンダーサーチ」から、月日で検索できるほか、番組内に5/10/15/30分の自動トラックマークがつけられ、検索もしやすい。

  • 「ICZ-R51」

  • 背面下に小さなスタンドを設けることで、転倒を防止する

  • 電源ボタンは少し奥まって設置することで誤動作を防ぐ

 大口径スピーカを内蔵し、本体で再生できることに加え、SDカードでの持ち出し、PC接続、録音ケーブル「WMC-NWR1」によるウォークマンへの録音など、多彩な再生環境を用意。PC経由ではドラック&ドロップ操作で転送が完了する。

 操作しやすい大型ボタンを装備。語学学習向けに、戻るボタンは1回押すと3秒前に、進むボタンは1回押すと10秒先を再生するイージーサーチ機能、再生速度を0.50倍速から2.00倍速の間で調節できるDPC機能も備える。

 本体サイズは高さ195mm×幅122.5mm×奥行き35mmで、重量約552g。電源はACアダプタまたは単3乾電池4本を使用。ACアダプタは従来モデルに比べ、重量約25%の軽量化が図られている。

  • 時報に合わせた自動時刻合わせに対応した

  • メモリカードスロットとUSB端子

  • 単3乾電池4本でも駆動する

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集