logo

ストレスフリーな文字入力ができる「Google 日本語入力」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:Google 日本語入力(Ver.1.6.1209.3)
金額:無料(2013年1月23日時点)
カテゴリ:仕事効率化
開発:Google
使用端末:INFOBAR A01
おすすめ度:★★★★☆

 「ATOK」や「Simeji」などAndroid向けにはさまざまな日本語入力アプリが提供されているが、ここではGoogleがPC向けにも提供しているアプリ「Google 日本語入力」を紹介しよう。

 Google 日本語入力の魅力は、何といっても語彙の豊富さだ。学術用語などの専門用語から、芸能人や政治家などの著名人、小説やアニメ、ゲームなどの作品名やキャラクター名、さらには最新のネットスラングにいたるまで、幅広くサポートしている。

  • アプリをインストールして、まずはスマホ本体の言語とキーボードを設定する

 これは、グーグルがネット上から自動的に辞書を作成しているため。サジェスト(予測変換)機能や一部の単語をカタカナから英語へ変換できる機能もある。これで取引先に送るメールなどで、LとRを打ち間違えるといったタイプミスを減らすことに役立つだろう。

 このアプリは、基本的にPC版と同等の機能を備えている。そのため、たとえば「今」と打てばそのときの時刻が、「今日」と打てば当日の日付が変換候補に挙がり、効率的に入力できる。また「246」と打てば「号線」、64と打てば「ビット」「バイト」というように、関連が予測される語彙を自動で表示するなど、まさにストレスフリーな文字入力が可能となっている。

 さらに、スマートフォン向け機能として、PC版にはなかった記号や顔文字も豊富に用意。それぞれ「喜」「焦」「驚」「怒」などにカテゴライズされているため、場違いな顔文字をメールで送ってしまうといった心配も無用だ。

 ちなみに当アプリはまだベータ版。他の日本語入力アプリが搭載している外部アプリ連動機能「マッシュルーム」や、PC版とのユーザー辞書共有機能などは非対応となっている。この辺りは今後のアップデートに期待したいところだ。

  • 使い勝手のいい予測変換機能

  • 「今日」を変換すれば当日の日付が、「今」を変換すれば時刻が変換候補にあがる

  • 顔文字や絵文字のラインアップは豊富。よく使うものは履歴も蓄積されていく

>>「Google 日本語入力」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

-PR-企画特集