AMD、第4四半期決算を発表--売上高は市場予想を上回るも見通しは厳しく

Zack Whittaker (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年01月23日 12時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 チップメーカーのAMDは依然として業績の低迷に苦しんでいる。第4四半期の決算もふるわず、2012会計年度末を迎えて厳しい状況となった。

 AMDは、第4四半期の売上高は前年同期比32%減の11億6000万ドルで、純損失は4億7300万ドル(1株あたり63セントの損失)であったと発表した。非GAAPベースでは1株あたり14セントの損失となった。

 米金融市場は、AMDの第4四半期の売上高を11億5000万ドル、1株あたりの損失を20セントと予想していた。

 AMDは2012年通期では、売上高54億2000万ドル、純損失11億8000万ドルを計上した。非GAAPベースでは、1株あたり16セントの損失だった。

 AMDは売上高が減少する中、3期連続でマイナスのキャッシュフローを計上した。同社の第4四半期は、PC販売の落ち込みで厳しかった1年にとどめを刺した形だ。

 2013会計年度第1四半期に向けたAMDの見通しは暗い。AMDは売上高として9%(プラスマイナス3%)の減少を予想している。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加