第5回ソーシャルメディア活用企業、1位はコカ・コーラ--ローソンが2位に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)は1月21日、「第5回ソーシャルメディア活用企業調査」の調査結果を発表し、ソーシャルメディアを積極的に活用している日本企業のランキングリストを公開した。

 調査によると、日本国内でソーシャルメディアを最も積極的に活用している企業は、前回2位の日本コカ・コーラだった。以下、ローソン(前回1位)、ベネッセホールディングス(前回8位)、KDDI(前回9位)、アディダス ジャパン(前回11位)と続く。

 トップ10では、前回から調査対象として追加されたGoogle+、Pinterest、LINEの利用がそれぞれ大きく伸びる結果となった。特にLINEでは、公式アカウントの友達数が数百万という単位になっているため、活用している企業が大幅にポイントを伸ばした。

 トップ50の各ソーシャルメディア利用率の推移をみると、伸び率で最も大きかったのはLINEで、前回調査時の12%から36%へと3倍に増加した。トップ100でも同様に8%から23%へとポイントを伸ばした。

 ほかのサービスのほとんどが無料で利用できるのに対し、LINEは有料での利用が前提となるため、注目度の高さがうかがえる。また、Google+とPinterestもそれぞれ倍以上の増加を見せた。

 調査結果は、日本の顧客を対象に事業を営む大企業約300社について、Twitter、Facebook、mixi、GREE、Mobage、ブログ、YouTube、ニコニコ動画/生放送、Ustream、Google+、Pinterest、LINEの各サービスの企業アカウントやチャンネルでのフォロワー数、登録数、動画再生数などを合算し、指数化。メディア企業、ネット企業については調査の主旨から除かれている。

トップ10
順位企業名活用度数(前回ランキング)
1日本コカ・コーラ674ローソン
2ローソン670日本コカ・コーラ
3ベネッセホールディングス559カプコン
4KDDI511スクウェア・エニックス
5アディダス ジャパン501サントリーホールディングス
6カプコン500セガ
7スクウェア・エニックス493ソニー
8サントリーホールディングス483ベネッセホールディングス
9HIS466KDDI
10ディズニー451タワーレコード
トップ50の活用動向
今回(%)増加ポイント第4回(%)第3回(%)第2回(%)第1回(%)
Twitter100100100100 96
Facebook100100 98 84 24
YouTube 98 98 96 86 82
ブログ 78+ 8 70 80 76 54
Ustream 74+10 64 70
mixi 72+18 54 50 58 34
GREE 52 52 54 44 30
ニコニコ 44+ 2 42 24 18 16
Google+ 42+24 18
LINE 36+24 12
Pinterest 30+16 14
Mobage 28+ 6 22 36 22 10
トップ100のサービス活用率
今回の利用率(%)増加ポイント前回利用率(%)
Twitter100100
Facebook100+ 3 97
YouTube 97+ 1 96
ブログ 71+11 60
Ustream 56+17 39
mixi 52+13 39
GREE 34 34
ニコニコ 27+ 1 26
Google+ 27+15 12
LINE 23+15 8
Pinterest 20+ 9 11
Mobage 16+ 3 13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加