CP+2013

ソニー、スマホやデジカメ内のデータを一元管理できるパーソナルコンテンツステーション

加納恵 (編集部)2013年01月21日 10時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「LLS-201」

 ソニーは、スマートフォンやデジタルカメラで撮影した画像などをWi-FiやUSB経由で保存できるパーソナルコンテンツステーション「LLS-201」を発表した。SDカードやスマートフォン内に点在していたコンテンツをまとめて一元管理できる。発売は4月30日。店頭想定価格は3万円前後になる。

 LLS-201は、1TバイトのHDDを内蔵し、HDMI端子やWi-Fi機能を備えたストレージシステム。Wi-Fi経由でスマートフォンやデジタルカメラからコンテンツを転送できるほか、USB、カードスロット経由でも画像や動画を取り込める。NFCも搭載し、対応のスマートフォンなどからはかざすだけでコンテンツを取り込み保存できる「ワンタッチバックアップ」も可能だ。

 HDD内のコンテンツは、Wi-Fi接続でスマートフォンやタブレットから再生できるほか、HDMI出力を使いテレビに映し出すことも可能。DLNA搭載機であれば、家中の機器からワイヤレス接続してコンテンツを見られる。

 スマートフォンやタブレットと接続するには専用アプリ「PCS Manager(ピー・シー・エス マネージャー)」が必要で、これを用いて、HDD内のデータを各種クラウドサービスにアップロードもできる。再生や保存といった操作もすべてPCS Managerから実行する。

 ビデオカメラで撮影したAVCHD形式の動画を、MP4形式のファイルに変換するビデオコンバージョン機能も搭載。変換したファイルは保存またはストリーミングでスマートフォンやタブレットから視聴できるほか、クラウドサービスにアップロードするなど、視聴環境を大幅に広げられる。

 サイズは高さ32mm×幅172mm×奥行き172mmで、重量約500g。USB給電対応端子を備え、USB機器への充電も可能だ。

  • 天面は少しカーブしており、スマートフォンなどを置ける

  • HDMI、USB端子などを備える

  • カードスロットも装備

  • このエントリーをはてなブックマークに追加