シャープ、不意の停電時にも安心な家庭用リチウムイオン蓄電池システム

加納恵 (編集部)2013年01月16日 19時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは、定置型リチウムイオン蓄電池システム2機種を発表した。満充放電を8000回繰り返しても初期の70%以上の容量を維持できるという。電池容量が4.8kWhの「JH-WB1201」(想定価格:186万円)と、2.4kWhの「JH-WB1202」(同:138万円)の2つをラインアップする。発売は1月17日。

 定置型リチウムイオン蓄電池システムは、太陽光発電システムを連携し、停電時でも電力を供給できるというもの。蓄電池、蓄電池パワーコンディショナ、マルチエネルギーモニタから構成される。

 長期間使用による蓄電容量の低下を抑えられるのが特徴で、約8000回の満充放電を繰り返しても初期の70%以上の容量を維持する高性能リチウムイオン蓄電池セルを搭載する。

 充電は、深夜電力から充電し、日中の発電量が消費電力量を下回った場合のみ電力を供給する「経済性モード(自動/時刻指定)」、電力系統からの充電を行わなず、日中に太陽光発電の余剰電力で充電し、発電量が消費電力量を下回った場合電力を供給する「クリーンモード」、計画停電などに備え、優先して充電する「充電モード」、HEMS専用タブレット端末の画面上でマニュアル操作ができる「ECHONET Lite 機器専用モード」の4つのモードを備える。

 別売の電力見える化システム(HEMS)を連携すれば、専用タブレット端末上で、蓄電池残量の確認や日別の蓄電池残量の履歴確認、蓄電池残量に応じた家電機器の使用可能時間の確認が可能だ。蓄電池のサイズは高さ1300mm×幅700mm×奥行き250mmで、重量約160(WB1202は120)kg。


定置型リチウムイオン蓄電池システム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加