logo

レノボ、タッチスクリーン搭載の「ThinkPad X1 Carbon Touch」

坂本純子 (編集部)2013年01月16日 17時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レノボ・ジャパンは1月16日、法人向けThinkPadのウルトラブックとしてWindows 8とマルチタッチスクリーンを搭載した「ThinkPad X1 Carbon Touch」を発表した。1月18日より法人向けモデル、1月25日よりレノボ・ショッピングにて個人向けモデルを順次販売する。

 ディスプレイには、14インチ アンチグレアHD+ディスプレイ(1600×900)を採用。10本の指を同時に認識する10点マルチタッチに対応している。

 最薄部は10mm~20.8mmで、重量は約1.54kg。これまでのThinkPad X1 Carbon(約1.36kg、最薄部8mm~18.8mm)と比べて約180g、約2mm程度増加している。

 価格はインテル Core i5-3427U プロセッサ(1.80GHz)、4Gバイトメモリを搭載した「3444CWJ」が17万9550円、インテル Core i7-3667U プロセッサ(2.00GHz)、8Gバイトのメモリを搭載したの「3444CUJ」が21万2100円。

「ThinkPad X1 Carbon Touch」
「ThinkPad X1 Carbon Touch」
デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集