CP+2013

ソニー、デジタルフォトフレームに8型&動画対応の新機種

加納恵 (編集部)2013年01月16日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「DPF-HD800」

 ソニーは1月16日、デジタルフォトフレーム「S-frame」に、AVCHD動画の再生に対応した「DPF-HD800」を追加したと発表した。8型のクリアフォト液晶を採用する。発売は1月25日。店頭想定価格は1万4000円前後になる。

 JPEG、BMP、TIFF、RAW形式の静止画ファイルのほか、MPEG-1、MPEG-4、MPEG-4 AVC/H.264、MotionJPEG形式の動画ファイル再生に対応。動画、静止画の取り込みはUSB経由のほか、マルチカードスロットからでき、2Gバイトの内蔵メモリも備える。

 本体にはモノラルスピーカを内蔵し、MP3、AAC、リニアPCMによる楽曲再生にも対応。スライドショーは計10パターンを装備する。サイズは高さ151.4mm×幅220mm×奥行き29.4mmで、重量約490g。AC電源で駆動し、ワイヤレスリモコンとACアダプタが付属する。ボディカラーはホワイトとブラックの2色。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加