パイオニア、木製キャビネット採用のBluetoothスピーカ

加納恵 (編集部)2013年01月15日 15時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「XW-BTS1」

 パイオニアは1月15日、Bluetooth対応のワイヤレススピーカ「XW-BTS1」を発表した。再生中の振動を抑え、クリアな高音質を再生する木製キャビネットを採用する。発売は1月下旬。店頭想定価格は1万円前後になる。

 口径50mmのフルレンジスピーカユニット2個と10Wのハイパワーデジタルアンプを内蔵。低音を補完するバスレフ方式を採用する。キャビネットは木製で、ボディカラーはホワイト。スピーカ部に光沢のあるサランネットを使用している。

 Bluetooth接続のほか、オーディオ入力を1系統備え、有線接続も可能だ。サイズは高さ132.5mm×幅250mm×奥行き88.5mmで、重量約1.1kg。電源にはAC電源を使用する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加