logo
CP+2013

シグマ、50mm F2.8の高性能レンズ搭載「SIGMA DP3 Merrill」発表

坂本純子 (編集部)2013年01月08日 17時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シグマは1月8日、「SIGMA DP」シリーズの新たなラインアップとして50mm F2.8(35mm版カメラ換算75mm相当の画角)の高性能レンズを搭載した「SIGMA DP3 Merrill」を発表した。発売は2月で、価格はオープン。市場想定価格は未定という。

「SIGMA DP3 Merrill」
「SIGMA DP3 Merrill」

 これまでのSIGMA DPシリーズと同様、コンパクトデジタルカメラながらもAPS-Cサイズの大型イメージセンサを搭載。4600万画素(4800×3200×3層)のフルカラーFoveon X3ダイレクトイメージセンサ(Merrill)を採用し、RGPを3層で取り込むことにより原理的に偽色が発生しないため、ローパスフィルターなしでも解像感と豊かな階調表現が得られるとしている。近接能力を強化し、本格的なマクロ撮影も可能という。

 このSIGMA DP3 Merrillの発売により、広角域の撮影には19mm F2.8、35mm換算28mm相当を搭載した「SIGMA DP1 Merrill」、標準域の撮影は30mm F2.8、35mm換算45mm相当の「SIGMA DP2 Merrill」、中望遠域やマクロ撮影には今回のSIGMA DP3 Merrillと、使い分けることでさまざまなシーンに対応できるとしている。

-PR-企画特集