logo
世界最大の家電イベント

NVIDIA、タブレットやスマホ向け次世代クアッドコアプロセッサ「Tegra 4」を発表

Jessica Dolcourt (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年01月07日 14時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラスベガス発--NVIDIAは米国時間1月6日、タブレットやスマートフォン向けの次世代クアッドコアプロセッサ「Tegra 4」を発表した。

 うわさの通り、ARM最新の「Cortex-A15」を搭載し、ARMの「Cortex A-9」をベースにしたクアッドコアチップセット「Tegra 3」より劇的に速い処理能力を誇る。

 新アーキテクチャに加え、同システムオンチップ(SoC)は、Tegra 3の6倍に相当する72基ものグラフィックスコアを搭載する。またNVIDIAにとって初の4G LTEモデムを装備する。

 Tegra 3同様、NVIDIAの「4-Plus-1」アーキテクチャを採用し、5基目の小さめのコアが他の高性能のコアに代わって電力消費を管理する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集