logo

「Windows Phone」ユーザー、まもなく「Google Maps」を利用可能に

Edward Moyer (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年01月07日 09時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows Phone」ユーザーが「Google Maps」にアクセスできなくなっていた問題で、Googleはブロックを解除することを明らかにした。これはユーザーエクスペリエンスの向上を目的とした動きで、競合製品を意図的に排除したわけではないと、同社は述べている。

 多くのニュース媒体は、このたびのブロックはモバイル版「Internet Explorer」(IE)の機能の乏しさではなく、Googleの振る舞いの問題だと示唆してきた。皮肉なことに、Googleの行動はMicrosoftの過去の振る舞いに似てきている。

 Googleは米国時間1月5日、声明でThe Next Webに次のように述べている。

 われわれは定期的にGoogle Mapsとモバイルブラウザの互換性をテストし、対象ユーザーに最高のエクスペリエンスを届けられるように確実を期している。

 直近のテストでは、モバイル版IEはパンやズーム、基本的な地図機能が利用できず、良い地図エクスペリエンスが相変わらず提供されていなかった。そのため、モバイルIEの利用者を、少なくともローカル検索ができるGoogle.comに引き続きリダイレクトすることに決めた。モバイル版Firefoxブラウザのユーザーエクスペリエンスは、これよりいくぶん良かったので、対象ユーザーをリダイレクトしていない。

 モバイル版IEやGoogle Mapsの先ごろの改善によって今は利用性が向上しており、われわれはリダイレクトをなくす作業をしている。ユーザーにできるだけ良いエクスペリエンスを提供できるよう、われわれはGoogle Mapsとほかのモバイルブラウザとの互換性をテストし続けるつもりだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集