「Ubuntu」搭載スマートフォン、2013年第4四半期にも登場へ

Jessica Dolcourt (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年01月04日 08時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンピューティング用オープンソースプラットフォームとして長い間親しまれてきた「Ubuntu」OSが、より小型のスマートフォン画面への移行に向けて準備を進めている。

 Ubuntuの開発を支援するCanonicalは、同OS搭載のスマートフォンは、「Android」搭載スマートフォンと同じドライバを使用し、エントリレベルのスマートフォン上でも適切に動作すると、述べている。またJavaを避けてネイティブコードを使用する。

 実際、Ubuntuのウェブサイトでは、HTML5とネイティブコードのアプリケーションを推進している。開発者にとっては、デスクトップとPC向けに単一のアプリケーションが作成可能であるというのが利点だ。

 同OSは、スワイプ操作でナビゲーションや概要ページを表示する。この点は、RIMの「BlackBerry 10」OSや、短命に終わったPalm用の「webOS」と同じである。ナビゲーションは背景に存在し、タップ操作で表示、非表示が切り替わる。

 Ubuntuのウェブサイトでは、同OSを搭載したスマートフォンが2013年第4四半期には「小売販売の準備が整う」と記されている。


提供:Screenshot by Jessica Dolcourt/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加