logo

アップル、中国の作家らに賠償金支払を命じられる--北京裁判所

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年12月28日 09時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 China Daily(中国日報)によると、中国の作家グループが著作権侵害を理由にAppleを訴えていた裁判で、北京の裁判所が作家グループに有利な判決を下したという。同裁判所は現地時間12月27日、AppleのApp Storeで違法に自らの書籍が販売されたと主張する作家8人の損害を賠償するようAppleに命じた。

 作家らに支払われる金額は不明である。The Wall Street Journal(WSJ)は、賠償金の総額を103万元、およそ16万5000ドルだと報じる一方で、中国日報はAppleに科された額は41万2000元、およそ6万6000ドルだとしている。

 Mac Observerによれば、問題の書籍は、著作権侵害者によって、作家の許可なくApp Storeに登場していた。作家らは同国でも有数の人気と名誉を誇るベストセラー作家だった。

 AppleはWSJに、同社の従業員は「著作権侵害の申し立てには真摯に向き合っている」と同時に「コンテンツ所有者が自らの権利を守るのをいっそう支援すべく、サービスを常に改善している」と述べている。

 米CNETはAppleにコメントを求めたが、本稿執筆時点では回答を得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集