logo

ヤフー、防災速報アプリに「現在地連動通知機能」を追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは12月26日、災害情報通知サービス「防災速報」のスマートフォンアプリに、現在地の災害情報を自動通知する「現在地連動通知機能」を追加した。現時点ではAndroid版アプリのみの対応となっているが、iPhone版アプリでも順次対応する予定。

 「防災速報」は、気象庁や電力会社などが発表する情報をもとに「地震情報」「豪雨予報」「気象情報」などを速報的に通知する無料サービス。2011年7月より提供を開始し、2012年には「気象警報」「噴火警報」「放射線量」が追加され、8月にはアプリ版に「緊急地震速報」も追加された。現在の登録者数は150万人以上。

 今回追加されたのは「防災速報」を利用する端末の位置情報を約30分ごとに取得し、現在地の災害情報を自動的に通知する機能。位置情報の自動取得をオフにすることもできる。

 アプリ版ではこれまで、あらかじめ設定した3つのエリアについてのみ災害情報をプッシュ通知していたが、今回の機能追加により、設定エリアを離れた場合でも、その地域の災害情報をプッシュ通知で受信できるようになった。

-PR-企画特集