logo

無料通話アプリ戦国時代--あなたはどれを使う? - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

検証その3:登録方法--お手軽さは「LINE」「カカオトーク」に軍配

 どのアプリも基本的に、インストールするとユーザー登録とIDの作成が必要になるので手間は同じ。ただし、LINEやカカオトークは、電話番号を送信するとSMSに届く確認番号を入力するだけと非常に簡単だ。あとは、登録されている連絡先から自動的にユーザーを探して、友だちリスト(カカオトークでは“カカとも”と言う)に追加してくれる。

 commも上記2アプリと同様だが、「Facebook」を利用していれば、Facebookと連動して自動的に登録してくれるため、こちらも簡単。スマートフォンの電話帳には登録していないがFacebookの友だちでcommを使っている人を「友だちかも」欄に表示させたり、自分のプロフィールをFacebookからcommへ転用することも可能だ。ただし、このように自動的に連絡先を一気に登録できてしまうことを嫌がるユーザーもいることだろう。

  • 「comm」はFacebookと連動できる

  • 携帯電話の番号を入力すると、SMSに確認番号が届き、それを入力するだけで登録が完了する。

 最初の登録で少し手間取るのがSkype。メールアドレスなどを登録してIDを作成しなければならないほか、友だちとして追加するには相手のIDを事前に聞いておく必要がある。自動で知られてしまうリスクはないため、プライバシーを守れるというメリットはあるのだが、手間を考えるとやはり面倒であることに変わりはない。

 また、Skypeや050plusは、アプリを常時起動しておかないと通話やメッセージを受信しないという難点がある。ここがLINEやカカオトークとの決定的な差だ。

検証その4:通話品質--一長一短だが「Skype」がややリード

 そもそも無料通話アプリとは、3GやLTE(4G)、Wi-Fiといった通信回線を利用して、音声や文字を送受信するアプリのこと。そのため、ネット回線が脆弱な場所や地域では遅延が起きたり、場所によっては通話自体ができないという事態も発生する。

 それを踏まえた上で、5つのアプリの通話品質を比べてみた。今回はすべて東京都練馬区内から福岡県福岡市内へと発信した。先述したとおり電波環境によって影響が大きく変わるため、あくまでも筆者が体感した主観で、参考程度だということを断っておく。

  • LINE : 3G環境下では問題なく通話できたが、Wi-Fiではかなり遅れが発生した。音質も決してクリアとは言えず、ブツブツと途切れる感じがあった。
  • Skype : Wi-Fiと3Gのいずれの環境下でも音質の問題はなかった。お互いがWi-Fi環境下であれば遅れもさほどは気にならず、スムーズな会話ができた。
  • 050plus : LINEと同様に音質が良いとは言い難い。遅れはほとんどなくスムーズに会話できたが、何度かつながらないという事態が発生し、発着信の不安定さを感じた。
  • comm : “高音質”と銘打っているが音質がそこまで良いかどうかは疑問で、会話の端々で途切れた。3G、Wi-Fi環境下ともに遅れを感じた。通話の後に品質改善のためのアンケートがあるので、それをもって改善に向かうか。
  • カカオトーク : 音質は良好。途切れる感じも少なく、Skypeと同程度の音質での通話が可能だった。3G環境下では少し遅れる感じは否めないが、Wi-Fi同士なら気にならない。

 結局のところ、どれも一長一短といった感じではあるが、Skypeがややリードしている印象だ。また、すべてに共通して言えるのが「少なからず遅れが発生する」「(環境によっては)着信が不安定」ということ。受話しても会話ができなかったり、場合によっては着信までに1分以上かかることもあって、ビジネス上の重要なやり取りをするには不向きかもしれない。半面、気の置けない友人や恋人など、時間を気にせず会話がしたい相手との通話にはもってこいだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]