logo

シャープ、高輝度表示を実現する赤色半導体レーザを開発--HUD用途に活用

加納恵 (編集部)2012年12月25日 12時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは12月25日、赤色をより鮮やかに表示できるディスプレイ光源用の赤色半導体レーザ「GH0641FA2C」を開発したと発表した。フロントガラスなどに情報を表示させるヘッドアップディスプレイ(HUD)や小型プロジェクタなどの用途として提供していく。サンプル出荷を2013年1月31日からスタートし、量産開始は3月29日。サンプル価格は5000円になる。

  • ディスプレイ光源用の赤色半導体レーザ「GH0641FA2C」

 新開発された赤色半導体レーザは、材料の組み合わせや構造を最適化することで、光への変換効率を33%に高めたとのこと。さらに光ディスク用途で培った独自技術を採用することで、最大光出力150mWを実現し、高輝度表示が可能になるとしている。

 レーザ光源は、視認性が高く車載のヘッドアップディスプレイなどの主流になりつつある技術。明るく省エネ性の高い赤色半導体レーザが求められているという。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集