logo

アドビ、ソーシャルメディア用プラットフォームのBehanceを買収--Creative Cloud強化へ

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫2012年12月21日 11時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Systemsは、プロのクリエイターが作品の紹介や共有をするためのオンラインソーシャルメディア用プラットフォームを開発したBehanceの買収を発表した。

 この買収の動機としては、2013年におけるAdobeの主要な重点製品「Creative Cloud」のコミュニティ機能強化がある。

 Adobeでシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーを務めるDavid Wadhwani氏は、声明でこの点に少し触れ、「Behanceは今後、クリエイターの世界に貢献するAdobeの取り組みにおいて重要な役割を担い、よりオープンで協力的なクリエイターコミュニティの実現に向けた取り組みを加速する」と断言した。

 Wadhwani氏はこれとは別に、米国時間12月20日のブログ投稿でさらに、Creative Cloudの全会員は間もなく「Behanceの基本的機能(ポートフォリオ作成機能やコミュニティ機能など)」を利用できるようになるが、「Creative Cloudの有料会員は(『Behance ProSite』のような)プレミアム機能も利用できるようになる」と説明している。

 Behance側もこのニュースを認めたが、逆に同社がAdobeから得られるものについてより多くを述べている。

実際的な観点から言えば、当チームは継続してBehanceのために(非常に野心的な)ロードマップを実現し、Behanceの機能をAdobeのサービスに組み込む。ぜひともサイトを複数の言語に翻訳し、創作作品の紹介に最新技術を利用したい。Behanceの年次カンファレンスである99Uと、クリエイターのコミュニティに対する情報提供や組織化のすべての取り組みは、今後も拡大を続ける」

 Behanceチームは、サンフランシスコにあるAdobeの本社に移らずにニューヨーク市に「そのまま残る」と付け加えた。

 買収の金銭的条件は明らかにされていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集