FacebookのザッカーバーグCEO、約5億ドル相当の寄付を明らかに

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年12月19日 15時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの最高経営責任者(CEO)Mark Zuckerberg氏は米国時間12月18日、約5億ドルをSilicon Valley Community Foundationに寄付したことを明らかにした。

 Silicon Valley Community Foundationはサンフランシスコ半島のコミュニティーに補助金を支給する非営利団体。Zuckerberg氏は18日付けのFacebookへの投稿で、自身と妻のPriscilla Chan氏、Silicon Valley Community Foundationで手を携えて「教育や健康分野の中でフォーカスするエリアを探す」と述べている。

 多額の現金は、18日の終値27.71ドルを基に計算すると4億9800万ドル以上に相当する、同社株式1800万株が贈られたことによるもの。Associated Pressによると、これはZuckerberg氏が今日までに寄付した額の中で最高だという。

 Zuckerberg氏は過去にも慈善事業に寄付をしている。2010年にはChan氏とともに、The Giving Pledgeに参加している。The Giving Pledgeは、Microsoftの共同創業者Bill Gates氏と投資家のWarren Buffett氏が米国の富豪に慈善寄付を呼びかけたキャンペーンだ。Zuckerberg氏による最初の大きな取り組みは、ニュージャージー州ニューアークの公立学校に1億ドルを寄付した2010年のプロジェクトだった。

 「Chris Christie州知事やCory Booker市長が米国内で最も先進的な教員契約に署名するのを支援し、地域の高校4校やチャータースクール11校を新設するなど、ここでわれわれが成し遂げたことを誇りに思っている」と同氏はFacebookへの投稿で述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加