ソニー、渋谷でバーチャルフェスが見られるヘッドホンキャンペーン--スマホ×ARで

加納恵 (編集部)2012年12月13日 19時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーマーケティングは、ヘッドホン製品におけるキャンペーンの一環として、AR技術を採用したバーチャルフェス「Headphone Music Festival」を開催する。

  • 「Headphone Music Festival」

 これは東京・渋谷の街中に貼られた専用ポスターに、スマートフォンをかざすとパーソナルライブが視聴できるというもの。

 ポスターは12月20~26日までの間、渋谷センタービルボードやPRONT渋谷店など渋谷の街中18カ所に掲出されるほか、全国のBEAMS店舗(2013年1月31日まで)、大阪、名古屋のソニーストア、東京銀座のソニーショールームにも貼りだされる。加えて、スペシャルサイトからも利用可能だ。対応スマートフォンはAndroid端末のみで、専用アプリ「HMF」のダウンロードが必要になる。。

  • スペシャルサイトでもライブを視聴できる

 androp(アンドロップ)、The Beatmoss(ザ・ビートモス)、BOOM BOOM SATELLITES(ブンブンサテライツ)、N’夙川BOYS(ン・シュクガワボーイズ)の4アーティスト分のポスターが用意され、各視聴時間は2分半~3分程度。ソニーが開発した「Smart AR」技術を採用することで、特殊マーカーを必要とせず、3D空間認識をしたARを再現することが可能だ。

 さらに新開発されたAR表現技術「LiveAction」技術を利用することで、視聴位置に応じて見え方が変わる3D実写ARコンテンツも実現している。端末とポスターとの位置関係に応じて見え方が変化するのが見所だ。

 キャンペーン期間は12月20日から2013年1月31日まで。期間中にSNSのアカウントでログインして、バーチャルライブ視聴後に発行されるオフィシャルパスを作成した人の中から抽選で30名にヘッドホン「MDR-1R」「MDR-XB900」「XBA-40」がプレゼントされる(プレゼントへの応募は1月11日まで)。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加