シャープ、ICC技術でその場の光を再現する4Kテレビ「ICC PURIOS」発売へ

加納恵 (編集部)2012年12月13日 17時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「ICC PURIOS LC-60HQ10」

 シャープは12月13日、光クリエーション技術ICC(Integrated Cognitive Creation)を搭載した60V型の4K液晶テレビ「ICC PURIOS(アイシーシー ピュリオス) LC-60HQ10」を発表した。通常の「AQUOS」とは異なる液晶テレビのプレミアムモデルとして展開していく。発売は2013年2月20日。受注生産品となり、価格は262万5000円になる。

  • フルHD解像度の映像を再生している従来機と4K画質へとクリエーションした「ICC PURIOS」との比較

 ICCは、I3(アイキューブド)研究所が開発した光クリエーション技術で、映像信号を解析し、実際の光景を連想させるような精細感を再現させるというもの。フルHD映像を4Kパネルで表示する際、4K画質へと映像をクリエーションする役割を果たす。

  • ICC技術の解説

 ICC PURIOSは、このICCチップとシャープの高精細液晶パネルを組み合わせた4Kテレビだ。解像度は3840×2160ピクセルで、直下型のLEDバックライトを内蔵。業務用マスターモニター規格を超える輝度均一性を実現した。また、階調処理の「平滑化アルゴリズム」の開発により、なめらかな階調表示性能を確保。暗部の階調表現や立体感を正確に再現できる。

 内部にはシルク繊維を採用した「シルクドームツイーター」と、2つのウーファユニットを向かい合わせに配置することで、不要振動を互いに打ち消し低減させる「DuoBass」を搭載。音楽製作会社であるミキサーズラボが手がけた音質補正「音楽 ミキサーズラボ」モードも備え、豊かなサウンドを再生する。


シャープのデジタル情報家電事業本部液晶デジタルシステム第一事業部事業部長である戸祭正信氏

 ディスプレイ部のサイズは高さ82.2cm×幅137.8mm×奥行き32.6mm。現時点で重量は未定としている。地上デジタルチューナ3基、BS、110度CSデジタルチューナ2基を搭載し、USB HDDを接続すれば録画にも対応。無線LANユニットも内蔵する。

 シャープでは、今後ICC技術を搭載した液晶テレビをICC PURIOSシリーズと発売していく方針。シャープのデジタル情報家電事業本部液晶デジタルシステム第一事業部事業部長である戸祭正信氏は「通常のテレビのように売れていくものではなく、商品の良さをじっくりと提案していく商品。日本市場の状況をみて海外展開も検討していきたい」と話した。

 LC-60HQ10は、映画監督ジョージ・ルーカス氏の取り組みから生まれた「THX 4Kディスプレイ規格」の認証を世界で初めて取得している。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加