豪警察がアップル地図アプリ使用を警告した問題、原因は地元データの誤りの可能性

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年12月12日 12時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの地図アプリが誤った目的地を示す問題で、オーストラリアの地元警察が、自動車運転者に同地図アプリを使わないよう警告していたが、この問題は完全に「iPhone」メーカーであるAppleの過失というわけではないのかもしれない。

 同国の事実上の地名辞典である「Gazetteer of Australia」には、問題となっている同名の場所が2件掲載されているようだ。同辞典には、32万2000件の場所と対応するGPS座標が掲載されている。

 The Registerで報道されているように、このことで、「ミルデューラ」の結果が2件となる可能性があり、そのうちの1つは同名の都市から40マイル(約64km)以上離れた辺ぴな荒野に位置していた。人々は、Appleの「Maps」の方向指示に従った結果、荒野に迷い込んでしまったと報じられていた。

 The Guardianの報道によると、対象となっている問題は米国時間12月10日にひそかに修正され、現在は、決して近くはないマレーサンセット国立公園の周辺ではなく、ミルデューラの都市へ案内するようになっている。

提供: Victoria Police
提供: Victoria Police

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加