キヤノン、軽量のコンパクトスキャナ新製品--両面を連続読み取り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は12月5日、キヤノン電子製文書スキャナの新製品「imageFORMULA DR-P208」を12月中旬に発売すると発表した。キヤノンオンラインショップでの販売予定価格は2万2980円。

 imageFORMULA DR-P208は、幅312.5mm×奥行き55.5mm×高さ40mm、重さ約600gという小型軽量化を図りながらも、ADF(自動原稿送り装置)を搭載し、両面連続スキャンを実現したというモバイルスキャナ。「1パス両面スキャン」で1回の搬送で原稿の表裏を同時に読み取ることができる。

 駆動はUSBバスパワー。A4サイズの原稿を最大10枚まで搭載できるADFを搭載し、カラー、モノクロとも、毎分8枚(A4タテ片面、200dpi、USB接続時)のスピードで読み取れるという。自動原稿サイズ検知や白紙スキップなどの画像処理を組み合わせたスキャンも可能だ。薄紙や名刺、はがき、カードスキャンにも対応している。


 同梱のスキャニングソフト「CaptureOnTouch」を使えば、本体のスタートボタンを押すだけでスキャンできる。ファイル形式はPDFやJPEG、TIFF、BMPに加え、WindowsモデルではPowerPoint形式にも対応。PDFは高圧縮などにも対応している。

 オプションのWi-Fiユニット「WU10」(キヤノンオンラインショップ販売予定価格1万2980円)と接続することで、スマートフォンやタブレットからWi-Fi経由でのスキャンが可能となる。スマートデバイス用スキャンアプリ「CaptureOnTouch Mobile」はApp StoreGoogle Playから無料でダウンロードできる。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加